彫刻家が作るオーダーメイドの〝創作位牌〟

全てが魂を表現したアート作品です

「あの人らしい位牌が作りたい」そんなお声に応えます。
位牌の森が目指すのは故人のためにご家族と作家が一緒になって作り上げる世界でたった一つのお位牌です。

位牌の森のお位牌は既成のものから選んでもらうのではなく、ご家族の想いや故人の人生を聞かせて頂きながらどんなお位牌が良いのかを一から考えていきます。ほんの小さなひと言から素敵なアイディアが生まれ、思いもよらないお位牌が出来上がることもあるのです。
ご依頼は滋賀県大津市にある比叡山中腹の工房&ギャラリーではサンプルを直接手にとってご覧いただけますし、遠方の方はメールやお電話でも大丈夫ですのでご興味を持たれましたらまずはご連絡ください。

E-mail
Tel & Fax
077-529-0711

作家ごあいさつ

宗教の枠を越えて人生の記念碑としてのお位牌を作っています。

三田一之(さんだ かずゆき) 位牌作家・彫刻家

戒名不要、お墓不要、仏壇不要、散骨、樹木葬など、近年は人生の終い方も自分の意思で決めることができるようになり、位牌の世界にも現代的なモダン位牌の分野が登場してきました。

そして私がこの〝創作位牌〟を作るようになったのも2005年に父を亡くした時、どうしても既存のお位牌に違和感があって、もっと身近でリビングに置けるような父の形見がほしいと思ったのがきっかけでした。

人は命を終えて身体がなくなってからも、家族や友人の心の中ではしっかりと生き続けていて私達の人生を支えてくれているのです。 その意味で〝人は死なないのです〟ならばもっと自由に故人らしさを感じる〝記念碑〟のような位牌があっていいし、むしろその方が自然ではないのか。

そんな思いで2012年にこのサイト「位牌の森」を立ち上げ、共感してくださる方々から支えられながら日々制作をさせていただいております。
ご興味をお持ちになられましたらお電話でもメールでもどうぞご一報ください。
お待ちしております。

位牌作家位牌作家 三田一之

弥勒菩薩
弥勒菩薩
弥勒菩薩
弥勒菩薩

その白さが人肌を感じさせる栃の木で出来た弥勒菩薩。

アフリカ黒檀のシンプルな台座と光輪を備え、現代的なセンスの中にも1400年変わらぬ微笑みをたたえておられます。

製作の方向性は最初にお客様が「たくさんお話を聴いてくれそうな弥勒さまがいい」とおっしゃったのを基軸とし目指したのは本物のレプリカでも信仰の対象としての仏像でもなく、人に近い〝血の通った〟弥勒菩薩でした。

この弥勒さまが処女作としての初々しさを秘めながら時代を越えて輝き続けてくれる事を祈ります。

高さ:28㎝  材質:栃の木  価格:80万円+税

プロフィール

1959年 神戸に生まれる
1978年 大阪芸術大学美術学科に入学し現代彫刻を学ぶ
1982年 卒業後22歳で難病を発症するも4年間の闘病の末、一夜にして奇跡的に完治した体験から心の重要性と人生の課題を知る
1993年 この頃に始めた四角くない額縁アートフレーム製作は多くの書道家に支持されコラボレーションの作品群を生み
その経験が現在、戒名など文字のデザインに活かされている
2005年 45歳の時に父を看取り供養として初めて〝位牌〟を作る
それがきっかけとなり大学卒業後途絶えていた彫刻作品を制作しながら精神世界への探求を深める
2011年 幾つもの大切な出会いを重ねつつ彫刻作品として位牌の制作を開始
2012年 Webサイト「位牌の森」を立ち上げる
2014年 京都住蓮山安楽寺「ギャラリー花いろ」にて位牌の森 初個展
2015年 9月「ギャラリー花いろ」二人展、その後「位牌の森」のリニューアルを機にコンセプトをより明確にして
多くの方々と手を繋ぎ本格的に位牌作家として世に出る

facebookfacebookページ


お知らせ

2017.4.10
「位牌の森展2017」を開催します!
日時:2017年4月24日(月)~30日(日)
開門時間10時~17時まで 入山料500円
場所:京都住蓮山安楽寺 http://anrakuji-kyoto.com/
― 期間中の特別企画 ―
「こだまちゃんパワーサークル&クリスタルボウル演奏会」
日時:4月28日(金曜)15時から 演奏料1,000円
2016.11.30
「婦人画報」新年1月号に位牌の森と位牌作家が掲載されました
FUJINGAHOリコメンズ 217ページですのでご覧いただけると幸いです
2016.6.8
読売新聞の滋賀版に位牌作家として掲載されました
読売新聞電子版にてご覧いただけます。
読売新聞電子版